酵素ドリンクナビ

【酵素商品を選ぶのに困る方必見】おすすめの酵素サプリ・ドリンク

「酵素を使ったサプリメントや酵素を使ったドリンク」というのは、現在では非常にメジャーなものです。数多くの店舗や業者がこれを取り扱っています。

ただ、あまりにも種類が多すぎて、どれを選べばよいのかわからないという人も多いはず。そこで、ここでは選ぶべき酵素商品の特徴について見ていきます。

そもそも酵素とはどういうものなのか?

まず、「そもそも酵素とはどのようなものなのか」について知りましょう。

体の中に存在する酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」があり、それぞれに役割があります。食べ物を消化したり、代謝に貢献したり、有害物質の排除に尽力したりと、とても働き者の成分なのです。

この酵素は、加齢とともに減っていきます。そのため、「体外から酵素を補おう」という考え方が出てきました。これは、エドワード・ハウエルが1900年代に提唱した「酵素栄養学」という学問によるものです。現在も、これを、酵素の有用性を説く根拠としているところがあります。

しかし、この「酵素栄養学」については、現在その医学的根拠・科学的根拠が乏しいものとして明確に否定されています。

エドワード・ハウエルが行った実験は、いずれも恣意的なものであり、「酵素を摂ることによってさまざまな効果がある」という結果を導こうとする前提のもとで組み立てられた学問だからです。

現在、「酵素」をそのまま摂ったとしても、それは体内で分解~吸収されるだけです。

ただ、食べ物は発酵することで、強い旨味を持ったり、栄養素の消化吸収を高めたりする効果は期待することができます。この結果として、便秘の解消に役立つなどの効果を見込むことはできます。

酵素サプリメントと酵素ドリンクの選び方について

このようなことを考えていくと、酵素サプリメントにしても酵素ドリンクにしても、「これを飲むだけで肌が若返る」「これを摂取するだけでダイエットができる」などの過剰な効果を期待することはできない、ということがわかります。

酵素サプリメントについても酵素ドリンクについても、これらはあくまで「栄養補助食品」であって、「薬」ではありません。

また、酵素サプリメントや酵素ドリンクを選ぶときには、「無添加のものを選ぶべき」などのような意見がよく聞かれます。しかし、この「添加物」というのもまた、非常にあいまいな表現です。

たとえば、「上白糖は悪くて、黒砂糖ならばよい」などの意見も見ますが、この価値基準も説明が難しいものです。そもそも、日本の食品においては、「香料」や「着色料」もまた、安全基準をクリアしたものであるはずですから、これらが入っていたとしても、それがそのまま「悪いものだ」と言い切ることはできないのです。

ただ、それでも、「できれば不要なものは避けたい」「香料の香りが苦手だ」ということであれば、酵素サプリメントや酵素ドリンクを選ぶ際にこれらが入っているものはやめておく、というのも選択肢の一つです。また、現在は、香料や人工着色料を使っていない酵素商品のほうが主流です。

酵素サプリメントを摂取する際は、ほかの成分も一緒に入っているものを選ぶとよいでしょう。ビタミンが配合されたものや乳酸菌が一緒に配合されているものもあります。また、ソフトカプセルになっていて飲み込みやすいものを選べるとさらによいですね。

酵素ドリンクの選び方

酵素ドリンクの場合は、「続けられること」が大前提となります。そのため、「味」「価格」をよくチェックしましょう。特に酵素ドリンクは、値段の幅が広い商品です。

また、原材料の産地などをチェックすることもおすすめします。海外産=悪い、国内産=よい、とまではいえませんが、やはり日本国内でつくられた野菜や果物を原材料としたもののほうが好まれるでしょう。

さらに、販売会社の評判もチェックしてください。信頼性の高いところを選ぶのが基本ですが、電話対応がしっかりしており、スタッフの質が高いところを選びたいものです。

添加物については、上記でも述べたように、悪いものばかりではないので判断が難しいところです。ただ、砂糖などを入れたものはカロリーが高くなる傾向にありますから、そのあたりはチェックしておいたほうがよいでしょう。

酵素ドリンクは、「置き換えダイエット」というかたちで使われることが多いと思われます。1食を酵素ドリンクに置き換え、摂取カロリーを減らすという考え方ですね。

置き換えるタイミングですが、朝食を置き換えた場合は「朝の忙しいときに食事をつくらなくてよい」というメリットが、昼食を置き換えた場合は「朝と夜をしっかり食べられる」という安心感が、夕食を置き換えた場合は「摂取カロリーを押さえやすい」というメリットがあります。

ライフスタイルにあわせて選ぶことをおすすめします。ただ、酵素ドリンクによっては、「朝食を置き換えてください」などの指示があるかもしれません。そのような特段の指示がある場合は、それに従いましょう。

TOP