酵素ドリンクナビ

ファスティングに酵素ドリンクは使える?行うときの注意点とやり方

現在、ダイエット方法の一つとしてよく知られている「ファスティング」。
今回はこの「ファスティング」と、そこによく使われる「酵素ドリンク」について見ていきましょう。

ファスティングとはそもそも何か?

「ファスティング」とは「fasting」と表記します。これは直訳すると、「断食」となります。
断食とは文字どおり「食べ物をとらない」というものであり、昔から宗教的・政治的、そしてしばしば病気の治療の過程において使われてきた方法です。

ただ、現在、日本において「ファスティング」という言葉を使うとき、そこには「ダイエット目的で行うものである。また、まったく飲食物を摂取しない、というわけではなく、酵素ドリンクなどを適宜摂取する。また、あくまで短期間で行うものである」といった意味合いになります。

摂取カロリーをゼロに近づけることができるので、効率よくダイエットをすることができます。また、水分も抜けますから、この意味でも体重を落とすことができます。

よくあるのは、「週末の1~2日間だけファスティングをする」というものです。
事前に少しずつ食事の量を減らすなどして調整をかけることが望ましく、またファスティング期間が終わった後も急に大量の食事をとるのではなく少しずつ量を戻していくのが理想的です。

ファスティングの注意点

ただ、ファスティングにも注意点はあります。

まず1つめは、「何度も頻繁に、かつ長期間にわたってやるものではない」ということです。
頻繁に、かつ長期間にわたってやっていた場合、体は「栄養(カロリー)が入ってこないのだから、少ない量のカロリーでやりくりしなければならない」と考えるようになり、エネルギーを温存するかたちへと舵を切り始めます。

また、何度もファスティングをしていると、髪の毛や肌に行き渡る栄養が少なくなり、荒れ始めます。特に髪の毛などは、「生きるために必須なもの」ではないため、「ここに栄養を行き渡らせるくらいなら、ほかの部分に栄養を渡そう」と考えた体になって、どんどん荒れていきます。
このため、ファスティングなどの極端なダイエットは、「短い期間で行うこと」を前提として行わなければなりません。

また、本来は脳などに渡すべき栄養が足りない状態になりますから、仕事に行ったり、どこかに遊びに行ったりする日はこれをやってはいけません。一日家にいられる日にしましょう。
加えて、栄養が非常に足りない状態になりますから、低血糖などが起こる可能性も否定できません。ファスティングを行う際には、手元にチョコレートや黒砂糖などを置き、めまいなどがしたらすぐに食べられるようにしておきましょう。

ファスティングと酵素ドリンク

さて、ここまでは「ファスティングについて」ということを見てきましたが、このファスティングと「酵素ドリンク」は非常に相性のよいものといえます。
酵素ドリンクはもともと「置き換えダイエット」にも使われているものですし、「薄めて飲む」というだけで手軽に栄養を摂れるスグレモノです。
多くの酵素ドリンクは美容と健康に気を配って作られており、栄養価的にも高いものが多く、「酵素ドリンク以外から栄養を摂れない」というファスティング期間においては、強い味方となるでしょう。

ファスティングに向いている酵素ドリンクについて

では、ファスティングに向いている酵素ドリンクとはどのようなものがあるのでしょうか。
これはもちろん、個々人で考え方に違いがあるでしょう。

ただ、特におすすめの3つをここに取り上げたいと思います。

  1. ベルタ酵素ドリンク
  2. お嬢様酵素
  3. 優光泉

これらの3つに共通するのは、「とにかくおいしい」ということです。ファスティングをしている最中は、酵素ドリンク以外を飲むことはあまりありません。そのため、おいしくない酵素ドリンクを選んでしまうと、かなり後悔してしまうことになります。

ベルタ酵素ドリンクには桃のような味わいがありますし、お嬢様酵素には爽やかなリンゴの風味があります。また、優光泉は、飲んでいて飽きがくるということはありません。

これらは、そのまま原液で飲んでもおいしいのですが、水や炭酸で割ってもおいしく飲むことができます。その味のよさは確かで、「酵素ドリンク」としての味を超え、普通のジュースよりもおいしく飲めるほどです。

加えて、お嬢様酵素にはほかの2つに比べるとお買い得というメリットが、ベルタ酵素ドリンクにはサプリメントと併用できるという特長が、優光泉は2つの味で展開していて飽きにくいというメリットがあります。

もちろん、ほかにも数多くの優秀な酵素ドリンクはあります。また、酵素ドリンクに頼らず、ファスティングをしていくという方法もあるでしょう。ただ、「どれにしようか迷っている」「どんな酵素ドリンクがおいしいのかわからない」と考えている人は、この3つから選んでみるとよいかもしれません。

TOP