酵素ドリンクナビ

ファスティングで効果が即効に表れる酵素ダイエット!

多くの芸能人が実践し、実績をあげたことから評価の高い酵素ダイエット法ですが、ファスティングと組み合わせるとその効果をすみやかに体感できるといわれています。

そこで、酵素ダイエットでのファスティングの効果やファスティングの具体的なやり方を紹介します。

ファスティングとは

ファスティングの起源

「ファスティング」は英語表記では「fasting」となり、「断食」という意味になります。断食の起源は、紀元前5世紀のインドにまでさかのぼるとされています。

最初に断食を実践したのは、仏教の開祖、釈迦だといわれていて、「食」を「断つ」ことによって心身が浄化され悟りが得られると直観したのが始まりだそうです。

断食によって体内から毒素や老廃物が排出され、釈迦が体感した肉体的な浄化は確かに進むことが知られており、むかしから、断食は病気の治療などに適用されてきました。

ファスティング効果のメカニズム

そして、最近では美容やダイエットにも活用されるようになりましたが、ファスティングのどのような作用が美容やダイエットに効果をもたらしているのでしょうか。

その理由は、ファスティングが「腸本来の働きを取り戻すことができるから」ということになります。人の体の中で栄養素を吸収できる唯一の器官は腸だといわれています。

ところが、いろいろな食品添加物を含んだ食品を食べると、そのような食品添加物は腸で吸収できずに留まって、腸内環境を悪化させてしまいます。

そのような状況になると、腸は機能低下を起こし本来であれば吸収できていた栄養素まで吸収できなくなり、肌トラブルや便秘などの体調不良を起こすことになります。

また、日頃から間食の癖があったり食べ過ぎたりすると、常に腸には食べ物がある状態となり、腸は休息できずに疲れ果ててしまいます。その結果、腸の働きが悪くなり、やはり、体調不良の原因になると考えられます。

このように、食事の仕方次第で腸は機能不全を起こす可能性があり、そのようになった腸を元の状態に戻すには、食事の仕方を適正化できるファスティングが効果的だといわれています。

ファスティングは、一定期間、体内に食物を取り入れないので、腸を休息させられます。その間に腸は本来の機能を取り戻すことができます。

また、ファスティングがうまくいくと、胃が小さくなるので体は少量の食事でも満腹感を得られるようになります。

さらに、デトックス効果によって、腸に溜まった食品添加物由来の老廃物や毒素も排出されるため、便秘が解消され痩せやすい体になると考えられます。

ファスティングは、本格的に実施しようとすれば、専門家の指導を受けながら絶食状態で3日以上実施することになります。

ただ、酵素ダイエットと組み合わせるファスティングの場合、ファスティング期間中には必要な栄養素やカロリーを酵素食品(主に酵素ドリンク)から摂取するので、比較的楽に実践することが可能です。

ファスティングの効果

酵素ダイエットのためのファスティングが、体に及ぼす種々の効果について説明します。

ダイエット効果

酵素ダイエットでファスティングを利用する場合、通常の食事を低カロリーな酵素ドリンクに置き換えるため、摂取するカロリーが低くなり、体重が減るというダイエット効果が期待できます。

デトックス効果

酵素ドリンクの栄養素や食物酵素は、ファスティングによって吸収されやすくなります。この食物酵素は、体内の消化酵素を助け消化を促すので、体内酵素の消費が抑えられます。

そのため、体内酵素は不要な食品添加物などの解毒や代謝に使われるため、腸内に溜まった老廃物や毒素の排出などのデトックス効果が期待できます。

便秘解消効果

ファスティングによるデトックス効果や代謝向上によって、腸内環境が整えられるため、便秘の解消が期待できます。

美肌効果

ファスティングによって、デトックス効果が表れると腸内環境が整えられるので、酵素ドリンクからの栄養素が吸収されやすくなります。

その結果、免疫力が向上するため、肌のバリア機能も上がり肌の新陳代謝と呼ばれるターンオーバーが安定します。そして、シミやくすみなどの肌トラブルが解消されるなど美肌効果が期待できます。

味覚改善

酵素ダイエットのためのファスティングでは、溜まった食物の消化のために胃に血液が集中することが少ないため、意識をほかの器官へ向ける余裕があります。

そのため、あらゆる感覚が鋭敏になるといわれています。それは、味覚についても同様で、ファスティングによって味覚が研ぎ澄まされ、通常よりも鋭くなることが期待できます。

ファスティングのやり方

酵素ダイエットのためのファスティングのやり方について解説します。ここで紹介するファスティングは、3日間のプチ断食で、断食前の準備期間と断食後の回復期間もそれぞれ3日ずつ取る必要があり、それぞれの過ごし方について説明します。

準備期間

この準備期間は、それまでの食生活に慣れきった体からファスティングに耐えられる体に替えていく工程です。

この期間に食べる食材は、それぞれの食材名の頭の文字をつなげて「まごわやさしい」となりますが、それらは、まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いもの7種です。

いずれも日本人の体質に合った食材で、これらを少量ずつ食べることによって、ファスティングに入りやすい体に徐々に変わっていきます。

ファスティング期間

ファスティング期間には、酵素ドリンクと水だけが体内に取り込める食品ということになります。酵素ドリンクは通常の食事の1/4のカロリーに抑え、水は1日に2Lを目安に摂取します。

期間中、空腹感が強くなった場合には、酵素ドリンクを炭酸水で割って飲むことは許されます。

回復期間

この期間は、3つの期間の中で最重要ともいえる期間です。ファスティングの最中には、食事で摂取するカロリーは通常の1/4に抑えられているため、ファスティングが終了した時点で通常どおりの食事をしたいという衝動が湧くかもしれません。

しかし、ここでうっかり通常の食事をしてしまうと、胃腸が荒れて体調を崩してしまいます。というのも胃は小さくなり、腸にも長い間手応えのある固形の食物が入っていない状態が続いたため、とても通常の食事を受け入れられる状態にはなっていないからです。

ですから、この期間には、慎重に食事のメニューを検討する必要があります。ファスティングが終了して2日目は、重湯と魚を除いた「まごわやさしい」の食材を毎食、少量ずつ取る必要があります。魚に含まれるたんぱく質は動物性たんぱく質なので、この時点では胃腸への負担が大きいと考えられるため、食べないようにしてください。

3日目になって初めて2日目までの食事に加えて魚を食べることができます。このように、通常の食事への移行は慎重に行う必要があります。

ファスティングにかかる費用の目安

ここでは、定評のある8つの酵素ドリンクのそれぞれの販売価格(税込)から、1,000ml当たりの金額を割り出して平均金額を算出してみました。

対象とした酵素ドリンクのそれぞれの販売価格、1,000ml当たりの金額は以下のようになります。

  • ベルタ酵素       : 5,080円/710ml →7,154円/1,000ml
  • ファストザイムエナジー : 8,500円/720ml →11,805円/1,000ml
  • 優光泉酵素       : 8,500円/550ml×2→7,727円/1,000ml
  • ローヤルエンザミン酵素 : 7,560円/600ml →12,600円/1,000ml
  • 毎日酵素        : 12,000円/720ml →16,666円/1,000ml
  • お嬢様酵素       : 5,130円/720ml →7,125円/1,000ml
  • アイ酵素        : 8,700円/500ml →17,400円/1,000ml
  • リナリア酵素      : 9,799円/720ml →13,610円/1,000ml

以上、8銘柄の酵素ドリンクの1,000ml当たりの平均金額は「11,761円(税込)」となり、これがファスティングにかかる費用の目安になります。

酵素ドリンクでファスティングをするメリット

酵素ダイエットでは、酵素ドリンクでファスティングを実践しますが、そのメリットについて説明します。

糖分やビタミン・ミネラルの補給もできる

本格的なファスティングでは、その期間中は施設にこもり水も飲まない絶食か水だけ飲むというやり方をします。

これに対して酵素ダイエットでは、1日3食の通常の食事に酵素ドリンク&水を飲むという形でファスティングを実施します。

酵素ドリンクには、糖分やビタミン、ミネラルなど人体に必要な栄養素が含まれていて、必要最低限のカロリーも摂取できるため社会生活は支障なく送ることができます。

ゆえに低血圧やめまいなどの問題が起こりづらい

本格的なファスティングの場合、その期間中は外部からの栄養補給が断たれているので、低血糖になって低血圧やめまいなどに襲われる場合があります。

一方、酵素ダイエットでは、ファスティングの最中にも必要な栄養素は補給されるので、そのような体調不良に悩まされることは少ないと考えられます。

おなかが空きづらい

酵素ドリンクからの栄養補給で、ファスティングの最中でも空腹感はあまり感じないケースが多いといわれています。

仮に空腹感を感じたとしても、酵素ドリンクを炭酸水で割って飲むことができるので、空腹感を紛らわすことが可能です。

普段の食事と同程度の金額で飲める

前の章で「ファスティングにかかる費用の目安」を算出し、酵素ドリンクの1,000ml当たりの平均金額は「11,761円(税込)」となりました。

ファスティングの期間中は、1食当たり約100ml飲むのが一般的だとされているので、1食当たりの価格は約1,100円になります。この価格は普通の食事に比べてもさほど高いというレベルではないでしょう。

ファスティングの注意事項

ファスティングに関する注意事項を最後に解説します。

体調が悪い時にファスティングをやってはいけない理由

体調が悪いときにはファスティングは控えてください。ファスティングがうまくいっているときには、「好転反応」と呼ばれる現象が起こり、一時的に頭痛や全身のかゆみなどの体調不良が発生することがあります。

これは、デトックス効果によるもので老廃物や毒素が排出されることに伴う現象です。ですから、ファスティングに入る前から体調が悪いと好転反応と相まって、危険な状態になる可能性がありますので、注意してください。

ファスティングをやってはいけない年齢や期間

また、ファスティングが可能な年齢は、小学校高学年から60歳ぐらいまでといわれています。子どもの場合、我慢できるかどうかがカギになります。

高齢者の場合、免疫力が低下していたり体力的な面で不安が残るため、実施するのであれば健康状態を十分見極めて、酵素ドリンクや水も多めに補給するような配慮が必要です。

酵素ダイエットのファスティングは、3日間のプチ断食になりますが、断食の期間はこれ以上延ばすべきではありません。

これ以上長くなると、ストレスから回復期間中に暴食に走ってしまうことがあり、ダイエットが台無しになりかねないので要注意です。

ファスティング中に飲んではいけないもの

ファスティング中にあまりの飲んではいけないものとして挙げられるものは、カフェイン入り飲料、アルコールです。カフェイン入り飲料は、飲むと血糖値が上がりやすくなります。

その結果、体内ではインスリンの分泌が過剰になって低血糖状態となり、炭水化物や甘いものが欲しくなりファスティングがうまくいかなくなる可能性があります。

アルコールは、ファスティングで空腹状態の胃を刺激し粘膜が傷つけられる恐れがあるため控えたほうがよいでしょう。

軽い運動のすすめ

ファスティング期間中での軽い運動は、おすすめです。血流が促進され代謝が進むためデトックス効果が現れやすく、また、免疫力も向上しダイエットの成功に繋がります。

TOP