酵素ドリンクナビ

酵素ファスティングを実践し短期間でスリムな体を手に入れる

酵素ダイエットの基本的な仕組みは、体内酵素で賄いきれない消化や代謝などの仕事を、体外からの食物酵素で補い、体質を改善し健康的でスリムな体を手に入れるというものです。

さらに、酵素ダイエットにファスティング(断食)を組み合わせると体質改善速度を加速することができ、ダイエットを短期間に成功させることが可能になります。

この酵素ファスティングですが、失敗しないための注意すべきポイントがいくつかあります。ここでは、その注意ポイントについて解説します。

酵素ファスティングに準備期間が必要な理由

すぐに断食すると強い空腹感から挫折する

直前まで通常の食事をしていて、いきなり3日間のファスティングに入ってしまうのは危険です。特に前日まで満腹感を味わっていたのであれば、そのギャップから強い空腹感を感じ挫折する可能性があります。

準備期間を取ること(1~3日)

準備期間は、少なくとも1日、できればファスティング期間と同じ3日間取るとよいでしょう。

糖質の多い食べ物は控える

通常の生活で糖質の多い食事や間食をしていて、準備期間でも同じ状況であるなら、ファスティングを実践し始めるとぼんやりしたりイライラが募ったりするので要注意です。なので、準備期間中は、糖質制限するとよいでしょう。

準備期間中の食事については、日本人の体質にあっていて食べやすい、まめ、胡麻、わかめ、野菜、魚、しいたけ、イモの7種の食品を少量ずつ食べるようにしてください。

酵素ファスティングの回復食が必要な理由

すぐに普通食に戻るとリバウンドしてしまう

回復期には、普通食を食べたいという衝動が湧きおこるかもしれません。しかし、この段階でも体は栄養素を吸収しやすくなっているので、通常食では栄養素を吸収し過ぎてリバウンドしてしまう可能性があり、注意が必要です。

正しい回復食のやり方

回復期はファスティング期と同じく3日間取る必要があります。また、回復食は、2日目までは基本的には重湯などの流動食を中心に、準備食で推奨されている、まめ、胡麻、わかめ、野菜、魚、しいたけ、イモの7種の食品のうち魚を除いた6品目をあわせて少量ずつ食べるとよいでしょう。

魚に含まれるたんぱく質は動物性たんぱく質であり、空になった胃腸には負担が大きいので控えます。ただ、3日目には2日目の食事に加えて魚を食べてもよいでしょう。

負担の少ないものから食べる

ファスティングの直後は、胃腸に負担が少ない重湯やお粥・具なしのお味噌汁・スムージーなどの流動食のようなものから食べ始めるようにしましょう。

酵素ファスティング用の酵素ドリンク選びが大切な理由

酵素ドリンクの選び方

酵素ドリンクの選択を間違えると、酵素ファスティングは思ったような効果をあげられません。

購入の際の選定のポイントとして、「残留農薬が少なく不要な食品添加物が含有されていないもの」「活きた酵素や乳酸菌を含有させるために低温殺菌されているもの」「熟成度が高いもの」の3つを考慮するとよいでしょう。

残留農薬や不要な食品添加物は、腸で吸収されず老廃物や毒素の原因になる異物にすぎないため、ファスティングでは単なる邪魔ものでしかなく、できるだけ体内に取り込みたくありません。

また、低温殺菌については、酵素や乳酸菌は熱で簡単に壊れてしまうので、そうならないような処理が必要だからです。

成熟度については、高いものほど酵素が多く含まれるからというのが理由です。外部から酵素を取り入れるのは、自前の体内酵素だけでは、消化や代謝などに使われる酵素が足りないため、それを補うのが目的です。

なので、酵素ドリンクに含まれる酵素の量は多いほど有効だといえます。

酵素ファスティングは続けることが大切!

最低3カ月~半年続けないと効果が出ない

ファスティングは、長い期間をかけて習慣化された食生活の乱れを正して、体の不調を矯正し体質改善していくことを目的としています。

ただ、1回や2回のファスティングではその目的を達成することは難しく、しっかりと体質改善されたと感じられるようになるまでは、最低3カ月~半年続ける必要があるでしょう。

運動も継続的に行うことでさらに効果が出てくる

ファスティング期間中には、軽めの運動をおすすめします。体を動かすことで血流が促され、代謝も促進し、免疫力もアップするためダイエットの成功確率も高くなります。

その運動も長期にわたって継続し、習慣化してこそ効果が表れてきます。

無理な目標はリバウンドの原因になる

実現困難な目標は、挫折しやすくなるので見直す必要があります。ファスティングは肉体的にも精神的にも自分を追い込む作業なので、緻密に立てた計画が少しでも滞るというようなちょっとしたつまずきが精神面でのダメージを大きくします。

そして、やけになって暴食に突き進みリバウンドすることにもなりかねません。

TOP