酵素ドリンクナビ

酵素ダイエットはファスティング(断食)を組み合わせ効果的に

「酵素を使った断食ってどうやってやるの?」
「酵素と断食でどれだけ痩せられるの?」

ダイエット方法として知られている断食ですが、酵素ドリンクとの組み合わせでより効果的にダイエットをすることができます。しかし、断食への手順や注意点を知らないと失敗してしまう可能性が高いです。

今回は、主に断食の手順や準備、失敗例と成功のコツを紹介します。

酵素ダイエットとファスティングとは何か

「酵素」について解説します。酵素は「体内酵素」と「体外酵素」に大別されます。体内酵素は、身体活動を行ううえで必要な生体反応を促すタンパク質の一種であり体内で生成されます。

さらに、この酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」の2つがあり、消化酵素は、食事によって体内に取り込んだ食物を消化しエネルギーを吸収するために必要な酵素です。そして、代謝酵素は、消化酵素によって吸収されたエネルギーを使って、体温調整や呼吸などの種々の身体活動を行うために必要な酵素です。

体内で一日日に生成される酵素の量は決まっていて、消化酵素と代謝酵素がバランスよく働くことでスムーズな身体活動が行えます。ところが、食べ過ぎた場合などには消化酵素が過剰に必要となり、そのバランスが崩れることがあります。結果として、代謝酵素が不足し代謝が鈍くなります。

一方、体外酵素は外部から体内に取り込める酵素で、「食物酵素」とも呼ばれます。この酵素は、体内に取り込まれると消化酵素をサポートする働きをし、食物を過剰摂取した場合にも、結果的に代謝酵素の不足を補う機能を果たします。酵素ダイエットは、この消化酵素、代謝酵素、食物酵素の3酵素の作用を利用したダイエット法です。

酵素ドリンクを使った酵素ダイエット

酵素ダイエットには、食物酵素を豊富に含有した酵素ドリンクが利用されます。酵素ドリンクを1日3食のうちの1食分に置き換えたり、半日~3日間のプチ断食と呼ばれるファスティング(断食)の際に摂取したりする置き換えダイエットが、酵素ダイエットの主流とされています。

このダイエット法では、通常の食事に替えてカロリーの低い酵素ドリンクを飲むことで痩せることが期待されます。特にファスティングによる酵素ダイエットでは、以下のような効果が期待できます。

ダイエット効果
ファスティングの期間中、唯一摂取できるのが低カロリーの酵素ドリンクであるため、通常の食事よりも痩せることが期待できます。また、代謝が進むため腸内環境が整えられ便秘が解消されます。そのため痩せやすい体質に変わりダイエットが成功する確率も高まります。
デトックス効果
代謝が促進されるため、体内に蓄積された毒素や老廃物が排出されるデトックス効果が期待できます。
美肌効果
肌の新陳代謝であるターンオーバーが安定するので、くすみやシミなどの肌トラブルが解消されたり、肌のハリが戻ったりなどの美肌効果が期待できます。

3日間断食 方法とスケジュール

ファスティングは、事前にしっかりとスケジューリングすることが大切で、準備期間、断食期間、回復期間をそれぞれいずれも3日ずつ設定します。以下に、それぞれの期間ごとの方法を解説します。

準備期間3日間

この準備期間中は、日頃の食生活から徐々に断食に適した状態に体を移行させるために、少食を心がけお腹を軽くしていきます。満腹感を直前に感じてしまうと断食の期間に強い空腹感に悩まされ、挫折してしまう可能性があるので要注意です。特に糖分の多い食品は脂肪になりやすいため控えるようにしましょう。

断食期間3日間

この期間に摂取するのは3食ともメインは酵素ドリンクになります。断食に入る前の食習慣から固形物を食べたい欲求が湧いてきて、空腹感を強く感じることがあります。

この空腹感は酵素ドリンクでは解消されないので、断食の期間は3日以上は設定しないでください。それ以上長くなると、断食終了後にストレスから暴飲暴食しダイエットが台無しになってしまう場合があるので要注意です。

また、この期間に摂取する水は1日に2リットルが目安になります。

回復期間3日間

準備期間も含め断食期間が終了した6日間で、しっかりと体重が落ち痩せた実感があるはずです。ですが、この時点では、完全に体質改善がなされたわけではないので注意が必要です。

特に、断食で体が飢餓状態になっているため、食べたものは吸収しやすくなっており、欲しいだけ食べると糖質は簡単に脂肪に変わってしまいます。

その結果、せっかくの断食が無意味なものになってしまいます。ですから、この時期は、少食を心がけ胃腸に負担がかからないようにする必要があります。

断食をするときの準備

断食に備えて準備するものとしては、梅干し、具なしの味噌汁、炭酸水、置き換えの飲み物としての酵素ドリンクとなります。

梅干し、具なしの味噌汁は塩分補給のために必要で、炭酸水は空腹感を感じたときにそれを紛らわすために酵素ドリンクを割って飲みます。

通常のファスティングでは水やお茶だけで過ごすのが一般的ですが、挫折しやすいので、ダイエットには不向きです。

失敗例の紹介

酵素ダイエットのために行うファスティングですが、以下のような場合には失敗する場合があるので注意が必要です。

酵素ドリンクの選び方に失敗した
たくさんの酵素ドリンクが市販されていますが、人が必要な栄養素や酵素以外に不要な添加物が含まれていることがあります。このような添加物は、老廃物の原因になるので、「完全無添加」のものを選ぶようにしましょう。
準備期間を省いた
日頃の食生活からいきなり断食に入るのは危険です。特に満腹感を味わった翌日に断食に入ると、空腹感を強く感じて挫折してしまう場合があります。
回復食を省いた
3日間のプチ断食とはいえ、断食を終えた直後は飢餓状態になっていて、普段以上に体は食べ物を吸収しやすい状態になっています。そのため、糖質はすぐに脂肪に変わってしまいせっかくの断食が無駄になってしまいます。なので、断食直後は少食を心がけ、徐々に体を慣らしていく必要があります。
カロリーを気にして飲む量を控えた
酵素ドリンクは栄養素が過不足なく含まれているため、説明書に沿って所定の分量を摂取する必要があります。カロリーを気にして飲む量を控えると、必要な栄養素や酵素を取り込むことができずに、失敗してしまうことがあるので要注意です。
生理前・生理中に実施
生理前や生理中はホルモンバランスが乱れている時期で、断食は強いストレスになり肩コリや腰痛、便秘など体の不調を引き起こしやすいため、断食は避けたほうがよいでしょう。
体調が悪いときはやめる
断食がうまくいっているときには体中の毒素や老廃物が排出されますが、それにともなって「好転反応」と呼ばれる体の不調が表われることがあります。なので、もともと体調が悪いときに断食を行うと、不測の事態になりかねないので避けたほうがよいでしょう。
妊娠/搾乳中
妊娠/搾乳中には、体に負担が大きいので断食は避けたほうがよいでしょう。また、酵素ドリンクも酵素の働きを促すための添加物が入っているものは、相性次第で害になる場合があるため、控えたほうがよいでしょう。
カフェインが入ったもの
カフェインは血糖値を急上昇させるため、インスリンの分泌が過剰になり低血糖を起こしてしまいます。そうなると炭水化物や甘いものに対する欲求が強くなり、断食が失敗する場合があるため控えたほうがよいでしょう。
アルコールやタバコ
断食中は胃が空っぽの状態になっており、アルコールは胃の粘膜を傷つけてしまうため控えたほうがよいでしょう。また、タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させるため血液循環が悪くなり代謝が抑制されてしまうため、タバコも控えたほうがよいでしょう。
アメ・ガム・スナック類を摂取
アメ・ガム・スナック類の摂取は、糖質を体内に取り込むことになり、脂肪がつく原因になります。特に断食の期間中は普段よりも体が飢餓状態となっており、食べ物の吸収速度が速いため要注意です。

成功するためのコツ

酵素ダイエットのためのファスティングを成功させるためには原材料表示等を見て、無添加・無農薬で原液100%の良質な酵素ドリンクを選ぶ必要があります。

また、準備期間や回復期間を適切に決め、準備食・回復食を設定しましょう。準備期間には事前に少し糖質制限をして、断食に入っていきやすい状態にするとよいでしょう。

生理前や生理中はホルモンバランスが崩れてストレスを感じやすく体調が崩れやすいため、断食は生理が終了した後に行うようにしてください。

また、毎日体重計に乗るよう心がけましょう。日々の体重変化をチェックすることにより、断食を成功させ必ず痩せるんだという意識を高めることができます。そのことが、辛くても断食をやりきるんだという意志の力にもなります。

まとめ

ここまで酵素ダイエットとファスティングについてお話してきました。以下が重要なポイントです。

  • 酵素ダイエットではダイエット効果・デトックス効果・美肌効果が得られる
  • ファスティングには「準備、断食、回復期間」で9日間かかる
  • 準備として梅干し、具の無い味噌汁、炭酸水、酵素ドリンクが必要
  • 10個の断食失敗例は必ず確認しておく
  • 良質な酵素ドリンク選び、生理後の実施が成功のコツ

酵素ドリンクを使ったファスティングの効果は絶大です。そして断食には様々な準備が必要で、時間もかかります。それらを無視してしまうと失敗する可能性があります。

せっかく取り組む断食ですから、万全の準備をして取り組みましょう。

TOP