酵素ドリンクナビ

酵素ドリンクにはどんな効果がある?商品の選び方と飲み方も解説!

「酵素ドリンクって本当に効果あるの?」
「酵素ドリンクにはどんな効果があるんだろう?」

酵素ドリンクの効果を知りたい、そもそも本当に効果があるのか疑問に思っている人は多いのではないでしょうか?

酵素ドリンクは飲むだけでダイエットや美肌効果、健康促進等の効果があると言われていますが、実は正しいタイミング、方法で飲まないと効果がでない可能性があります。

ここでは、酵素ドリンクの効果や、その効果が得られる仕組み、効果的なタイミングや方法について説明していきます。

酵素ドリンクの3つの効果

酵素ドリンクを飲むことによって期待できる効果は、3つあります。
それが以下の3つです。

  1. ダイエット効果
  2. 免疫力向上や美肌の効果
  3. 便秘改善効果

では、このような効果はなぜ酵素ドリンクを飲むことによって期待できるのでしょうか?
そのために、そもそもの酵素とはどんなものなのかを説明いたしましょう。

酵素とはたんぱく質の一種である

そもそも酵素とは、食べ物の吸収・代謝・排泄に必要なたんぱく質の一種のことをいいます。
人間の体内には3000種類以上の酵素が存在し、ビタミンやミネラルといった栄養素と協力してそれぞれが特化した1つの仕事しかしません。

その酵素の中にも、「潜在酵素」と「食物酵素」の2種類があります。

潜在酵素はもともと体内にある酵素

潜在酵素にはさらに「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があります。

消化酵素は、摂取した食べ物を体が吸収しやすい形に変える働きをする酵素です。食べ物の分子を小さく細かくすることで体内に吸収しやすくします。

一方で代謝酵素は、消化酵素によって体内に吸収された栄養を体内にある細胞に届けて、新陳代謝をよくする酵素です。また、体内の良くないところに作用して自然治癒力や免疫力を高める役割もあります。

消化酵素や代謝酵素である潜在酵素は、人間がもともと持っていて体内で一定量作ることができます。

しかし、潜在酵素は加齢や生活習慣によって減少してしまいます。潜在酵素が少なくなり、作られなくなってしまうと、残っている潜在酵素は消化酵素による消化吸収を優先して使われてしまいます。

そのため、代謝に必要な酵素までもが消化のために使われてしまいます。不足すると、新陳代謝が衰え、脂肪を燃焼しにくく痩せにくい体になってしまうのです。

食物酵素は不足した酵素を補うことができる

食物酵素は人間の体内では生成できない、食物だけが生成できる酵素のことをいいます。食物酵素には体内の消化吸収に必要な労力を和らげ、消化酵素を助ける役割があります。

潜在酵素が少なくなってしまった中で、食物酵素を摂取することで、減少して消化酵素として使われてしまっていた代謝酵素が本来の代謝に使えるようにします。つまり、それまでの代謝酵素の役割を食物酵素が担うことができるのです。

この食物酵素は、多くの食品に含まれています。しかし、食物酵素は熱に弱いため、加熱してしまうと効果が弱くなってしまいます。そのため、生のままで摂取することが必要です。

酵素ドリンクに効果が期待できる理由

疑問に思う女性
では、なぜ酵素ドリンクには先ほど紹介した3つの効果があるのでしょうか?
それぞれの効果について詳しく説明いたします。

(1)ダイエット効果

酵素ドリンクの摂取によって、体内の代謝酵素を増やすことで痩せやすい体にする効果が期待できます。

加齢や生活習慣で少なくなってしまった潜在酵素は食物酵素の摂取によって、消化酵素が消化吸収をして、代謝酵素が代謝をするという本来の酵素の役割を果たすことができます。
代謝酵素は多ければ多いほど、代謝が高まり、エネルギーを消費して、痩せやすい体にすることができるのです。

(2)免疫力アップや美肌への効果

食物酵素が消化酵素の代わりとなることにより、代謝酵素がしっかりと働くようになります。そうすると、新陳代謝が活発になります。結果として免疫力が上がり、疲れにくく病気にかかりやすい体にすることが期待できます。

また、酵素ドリンクに含まれるビタミンやミネラルが活性化した新陳代謝による肌のターンオーバー(生まれ変わり)と合わせて、ニキビや吹き出物などの肌のトラブルを起こしにくくする効果が期待できます。

そして、新陳代謝の活性化と肌のターンオーバーが正常に起こることで、過剰に生成されていたシミの原因となるメラニンなどの肌の老廃物を外に出すデトックス効果によって美肌効果が期待できる。

(3)便秘効果

酵素ドリンクは、植物性の発酵飲料であるため体内に吸収されやすいです。そのため、通常の食事より胃や腸に負担をかけずに栄養を吸収することができます。

また、水分不足を補い、酵素ドリンクに含まれる食物繊維が腸の調子を整えてくれるため、便秘の原因を解消することが期待できます。

酵素ドリンクの選び方

酵素ドリンクを選ぶ女性
酵素ドリンクといってもいろいろな商品があります。その中から自分にあったものを選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?
酵素ドリンクの選び方を紹介いたします。

(1)添加物が入っていないか

酵素ドリンクの中には、合成保存料や人工甘味料・香料などの添加物が含まれているものがあります。これは飲みやすく、長く品質を保つために使われています。

しかし、酵素ドリンクはそのままの状態で発酵をしているため、特に保存料を入れる必要がありません。
また、添加物を多く摂取してしまうと、無駄に消化酵素を使ってしまいます。

ですので、できる限り添加物がないものを選ぶと良いでしょう。
原材料表示に添加物がないか確認してみましょう。

(2)酵素の濃度

原材料表示を見てみると、植物発酵抽出物や野草発酵エキスなどの酵素エキスが含まれていることがあります。

このような酵素ドリンクは、酵素エキスを水で薄めて作られています。薄めてしまうと、原料以外に添加物などの別のものが入っていたり、効果が期待できない可能性があります。

添加物がなく、植物原料が100%のものを選ぶようにしましょう。

(3)続けやすい商品価格

ファスティングに用いる場合や健康のために用いる場合でもある程度の期間飲み続けることが必要になります。ですので、高価なものは避けたいところです。

自分にとって続けやすい価格かどうかをチェックしておきましょう。
ただし、あまりに安いものであると製造元や原材料が心配になりますので、注意しましょう。

(4)飲みやすいかどうか

酵素ドリンクに含まれている酵素の量や栄養を中心にして選んでしまうと、 苦手な味の酵素ドリンクを選んでしまう可能性があります。そうすると、長期間飲むことが

長期間飲み続けられるものを選ぶためにも、「飲みやすい味で、添加物を使用していない高品質なもの」を選ぶようにしましょう。

酵素ドリンクを飲むタイミングと方法

酵素ドリンクを飲む女性

酵素ドリンクを飲むタイミング

酵素ドリンクは、体が吸収しやすいタイミングで飲むと効果が期待できます。
吸収のしやすいタイミングとは、胃が空っぽの状態の時である「空腹時」のことです。

そのため、酵素ドリンクを飲むタイミングとしては以下の5つが挙げられます。

  • 起床直後
  • 食前
  • 間食時
  • 寝る前
  • スポーツをする前

いずれも空腹になりやすいタイミングです。特に起床直後の場合、寝ている間にその日の前の夜の食事が消化され、空腹になるタイミングです。吸収しやすい状態であるため、おすすめです。

また、スポーツをする前に酵素ドリンクを飲むことも効果が期待できます。飲むことによって、代謝酵素の働きをよくするという効果が期待できるので、ダイエットを考えている方にはおすすめしたいタイミングです。

ただし、食前に酵素ドリンクを飲むと、胃腸の様子がおかしくなるという方もいらっしゃいます。その場合は、食後や他のタイミングで飲むと良いでしょう。

酵素ドリンクの飲み方

酵素ドリンクを飲む方法としては、いくつかの方法があります。そのまま飲むという方法もありますが、色々な食品と一緒に飲むという以下の方法があります。

  • 水割り
  • ソーダ割り
  • 紅茶割り
  • 野菜ジュース、フルーツジュース割り
  • ヨーグルトと一緒に飲む

様々な方法がありますが、一番大事なポイントは「飲みやすく、続けやすいどうか」です。
飲みにくいものを続けるのはストレスになってしまいます。自分にとって飲みやすく続けやすい飲み方で実践してみましょう。

【まとめ】酵素ドリンクは吸収・代謝を助ける

納得した女性
最後に、酵素ドリンクの効果についてのポイントをおさらいしましょう!ポイントは大きく分けて4つあります。

  • 酵素ドリンクを利用した置き換え式ダイエットをすることで2つの効果が得られる!
  •  〇大幅に摂取カロリーを減らすことができるため、ダイエット効果を得られる
     〇発酵食品を摂取することで整腸効果が見込め、肌荒れを防止できる

  • 手作りの酵素ドリンクは衛生面が懸念されるため、市販のドリンクを飲む
  • 1日1食~2食分を酵素ドリンクに置き換え、過激な置き換えダイエットは避ける
  • 継続が大切であるため、味と金額に注意して酵素ドリンクを選ぶべき

酵素ドリンクに関する正しい知識を得たうえで、効果的な方法とタイミングで酵素ドリンクを飲めば、ダイエットをはじめとする様々な効果を得ることができます。

面倒なカロリーコントロールや、辛い運動をしなくても簡単に効果を得られるのは嬉しいですね。

ぜひ、一度試してみてはいかがですか?

TOP